放射線対策!体から放射能を除去する方法

スポンサードリンク

そもそも放射線とは?

放射線・放射能に対する考えは人それぞれですが、数年前までは、日本では到底考えられないことでした。しかし、東日本大震災を受けて、日本の大地にも放射線で汚染されている今日、放射線対策を考える機会も増えました。

 

そこで、放射線をもし取り込んでしまった時(被爆)に、除去出来る方法はあるのか?を探ってみましょう。

 

まずは放射線とは何か?ということですが、光の仲間で、アルファ線、β線、ガンマ線のことを言います。これを多く浴びることで、健康に害が出るのですが、東日本大震災以前からも、自然な放射線も浴びているというのが実態です。

自然に浴びている放射線

ですから、すでに日本では、放射線ゼロではないのですが、ある一定の数値を超えるものを連続してとり続けると健康に害が及ぶとお考えください。東日本大震災の被災地以外にお住まいの方に関しては、それ程放射線対策を考えなくても良いのですが、あえて体から放射線を取り除く方法は?というと、自然な素材をふんだんに食べると良いとされています。
水道水なども、一度洗浄機などにかけたモノを口にするとより安心です。

 

「放射線を受けて気分が悪くなった患者には生理食塩水より濃いめの食塩水を飲ませることで、症状が軽くなった」ということがありました。食塩が直接、内部被爆の予防につながるかどうかは医学的にしっかりとしたデータがあるわけではありません。しかし自然塩はミネラル類を多く含んでいます

 

放射性物質のセシウムやストロンチウムはミネラル類に属します。このため、汚染されていない必要量のミネラル類を体内に満たしておけば、汚染されてセシウムやストロンチウムは体内に吸収されにくくなるということが考えられます。

汚染されていないミネラル類で体内を満たす

福島第一原発の事故後、放射性ヨウ素による被爆予防のため、とろろ昆布の海草類を食べようと呼びかける医師がいましたが、同じような理由です。放射性ヨウ素は甲状腺にたまるので、先に汚染のないヨウ素で体を満たしておけば、放射性ヨウ素は体に取り込まれることなく排出されます。

 

元素の周期表を見ると、ストロンチウムはカルシウムの下にあります。このふたつは同属元素で性質が似ているので、放射性汚染のないカルシウムで体を満たしておけばストロンチウムが体に入りにくくなるのです。

 

またセシウムは周期表ではカリウムのふたつ下にあります。放射能で汚染されていない食品から同属元素のカリウムを多く取っておけば、体内への取り込み量を減らすことが予想されます。

 

このサイトでは、放射能による内部被爆を防ぐ食品食品の下処理の方法、また汚染を排出する食品排出する物質についてみてゆきます。また免疫力を高め抵抗力をつけるのもいい方法です。神の粉ともいわれている「重曹」についてもみてみましょう。

 

 

要注意!!食品とお勧めの食材・物質

放射能 放射性物質をためこみがちな食品
海藻、たけのこ、きのこなどの山菜、小魚、貝、お茶、ハーブ、ブルーベリーやクランベリーなどのベリー類、ほうれん草、キャベツ、麦、乳製品など

放射能 お勧めの食材・物質
味噌、豆腐、納豆などの豆製品、グリンピース、小豆、大豆、昆布、わかめなどの海藻類、玄米、ゴマ、えび、重曹、海塩、ゼオライト、ラジウムなど

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険