「アルコール」が効果ある?

スポンサードリンク

日本酒のようですが…

スポンサードリンク

放射能とアルコールの関係性について、興味深いレポートがあります。なんと、アルコールを飲むと、放射能防御ができるというものですが、飲酒量が日本酒2升と言うことです。大酒飲みが聞けばやっぱりということになりますが、あまりにも非現実的な話です。

 

ただ、放射能とアルコールのメカニズムからいくと、理論的には、きちんとした効果があるとされています。とはいえ、放射能防御のために、毎日2升の日本酒を飲むことは、放射能で体が壊れるのではなく、肝臓機能がおかしくなってしまうことは当然のことになります。では、少量の日本酒ならどう?ということですが、この関係性については、結論は出ることはないでしょう。

理論的に言うと

放射能を浴びると、体内で大量の活性酸素が発生します。これは健康上非常に危険なもので、普段の生活においても健康を害するものとされています。ポリフェノールが効くとか、ビタミンC等が良いとされていますが、放射能の場合活性酸素の量も半端無く多いとされています。

 

それをアルコールは、排除することができると言うのです。それが日本酒2升です。厳密に言うと、アルコール15%の日本酒で2升、50%のウォッカなら1リットル程度と言うのですが、少し無理のある話です。

ビールも?

また、別の報告では、ビールのアルコールにも放射能除去機能があるとされていますが、こちらも半端ない大量のものというのですから、いたずらに試してみようというのは危険なことです。
やはり机上の空論というところでしょうか?

スポンサードリンク

「アルコール」が効果ある?関連ページ

「食物繊維」を多くとる
食物繊維は、放射能の他の老廃物も一緒に排出するため、健康食の一つとされています。 水溶性の方に、不溶性食物繊維もありますが、こちらは、腸のぜん動運動を促進させ、積極的に老廃物を運び、水分を抱え込んで、便の量を増やしてくれます。
「塩」をとる
体内の放射能と関係がある食べ物として、塩を挙げられている方がいらっしゃいます。 時代背景もありますが、原爆を受けた方の中で、塩を多く摂った方は、その後の被害が少ないというデータがありました。
「発酵食品」で放射線を排出する
発酵食品は、細菌が多く入っていますが、それらが腸にはいることで、腸内の善玉菌を増やし、腸の働きをパワーアップします。 それで、確実に体内の放射能を体外に出すことができます。
「酵素」の力で体内から除去
酵素の力といえば、最近、ダイエットなどに有効と流行しています。 この酵素によるダイエット方こそ、放射能除去にも向いていると言えます。
「ペクチン」が体内から放射能を排出します
放射能に汚染された町では、リンゴが話題になっているとか…。 これは、リンゴに含まれるペクチンが、体内の放射能を除去、排出することが報告されたからなのです。
「有機炭素」による除去
有機炭素を食べる?と言うのは、具体的にはどのようなものか?というと、焦げたもの、です。 発がん性があるとも言われていますが、放射能に対しては効果があると言われています。
ゴマにぎっしり「フィチン酸」
フィチン酸が放射能に良いと言われています。これが含まれる食品を食べることで、放射能被害を軽減できると考えられています。身近な食材として、フィチン酸が多く含まれているものにゴマがあります。
甲羅や殻に「キチン・キトサン」
放射能除去機能を持つ成分の1つにキチン・キトサンがあります。主にストロンチウムやセシウムに効き目があるとされていますが、コバルト60に対しては、吸着効果があるのではないかとされています。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険