きのこ類

スポンサードリンク

市販のきのこ類は安心でしょう

スポンサードリンク

放射線が気になる食品として、きのこ類があります。市販されているきのこ類については、たいてい放射線検査をしているものが多く、ご心配な方は、表示されている数値を気にしてみてください。日本国内のメーカーのものですと、安心なものと言えるのではないでしょうか?

 

原木を要して、きのこ栽培をしている場合、その土地の放射線の影響が気になるところですが、工場内で生産されているきのこ類に関しては、品質管理はしっかりとしています。ですから、いたずらにきのこの菌糸が…というようなことは考慮しなくても、放射線の数値が低ければOKではないでしょうか?

 

きのこ狩りにはご注意を

問題は、秋に行なうキノコ狩り。この自分で行うきのこ狩りに関しては、あくまでも自己責任。

 

菌糸は、空気中を自由に飛び回りますから、放射線が多いと思われる近所の山などのきのこ類に関しては、安全とは言えない場合も。ですから、自分で数値検査をしたうえで食すことが理想でしょう。放射線に汚染されているだろう土地のきのこ狩りは避けることはもちろん、近所の山も危ないことでしょう。

 

放射能 きのこ類を食べるときに気をつけたいのポイント

 

きのこ類は放射性物質が付着しやすい。このため露地もの、天然ものはなるべく避けて、室内や工場での人工栽培のものを選びましょう!

 

その松茸、大丈夫?

きのこの中でも、樹木の根に菌根を作り成長するきのこ類が、一番放射線を取り込みやすいと言われています。松茸、ホンシメジなどがあります。

 

これらを採取するときは気をつけるべきですが、天然物の松茸、特価なんていう場合は、生産地の出処を確認することをお勧めします。ちなみに、放射線そのものは日本だけが極端に多いのではありません。

 

スポンサードリンク

きのこ類関連ページ

放射線に汚染されやすい食品、汚染されにくい食品
気になる汚染されやすい食品があるのなら、食べないように気をつけるのも良いですが、今まで何も考えずに口にしていたものも多いことでしょう。
乳製品(放射線と農薬をふんだんに含む)
現在、日本で生産されている牛乳のほとんどが、飼料によって育てられています。 暮らしている土地の放射能が含む量も気になりますが、その飼料の農薬の含む量を気にしたことはあるでしょうか?
飲み水
放射能は目に見えないものですから、入っていたとしても、濁ったり様子が変わるものではありません。 ですから、数値を信じるしかないのです。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険