飲み水

スポンサードリンク

一時はパニックに

スポンサードリンク

放射線漏れが発表された時、一番心配されたのが、飲み水の安全性でした。放射線は目に見えないものですから、入っていたとしても、濁ったり様子が変わるものではありません。ですから、数値を信じるしかないのです。

 

なんといっても、命を保つ上で一番大切なものですから、飲み水の確保は大変なことでした。

 

実際、ごく自然に放射線は水に溶けます。ですから、原発周辺の海水だけではなく、土壌にまで放射線はあることから、地下水などの汚染されていることになります。その辺りを浄水場としている場合は、飲み水としては、危険ということになります。

 

日本近海の海水事情

水は、いずれ海に注ぎ込みます。東日本大震災の際に、大量の放射線を発生させ、大気はもちろんそのまま大地に放射線は降り注ぎ、雨が降り、そして地下に入り込み、いずれは海へ。

 

日本という小さな島国はあっという間に、放射線の海に取り囲まれたと言っても過言ではないでしょう。

 

海からは、飲み水をとるわけではないのですが海産物、そして海水は蒸発して、雲となり、雨が降ってきます…。日本人が、飲み水などから放射線を取り入れていることは間違いのないことです。

 

対策はご自分で

水道からの飲み水。これは安全基準のものしか、通っていませんから、安心なはずです。

 

ただ、どうしても心配な方、乳幼児に与えるものはより安心なものという場合は、買ってきた水や浄水器を付けることをお勧めします。浄水器に関しては、より効果のあるものを自分の目で見て確認をして付けるようにしてください。

 

スポンサードリンク

飲み水関連ページ

放射線に汚染されやすい食品、汚染されにくい食品
気になる汚染されやすい食品があるのなら、食べないように気をつけるのも良いですが、今まで何も考えずに口にしていたものも多いことでしょう。
乳製品(放射線と農薬をふんだんに含む)
現在、日本で生産されている牛乳のほとんどが、飼料によって育てられています。 暮らしている土地の放射能が含む量も気になりますが、その飼料の農薬の含む量を気にしたことはあるでしょうか?
きのこ類
放射能が気になる食品として、きのこ類があります。 市販されているきのこ類については、たいてい放射能検査をしているものが多く、ご心配な方は、表示されている数値を気にしてみてください。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険