放射線に汚染されやすい食品、汚染されにくい食品

スポンサードリンク

数値検査を信じましょう

スポンサードリンク

放射線に汚染されやすい食品、されにくい食品、できればされにくい食品が良いでしょう。誰でもそう感じています。ただ、地球上には、放射線ゼロはないとした上で、汚染されやすい云々よりも、産地を気にしてみてください。

 

要するに、土壌環境、空気などが放射線に汚染されていない地域の食品を口にしたほうが良いということになります。東日本大震災以来、放射線の数値検査をしていますから、それを参考にされると良いでしょう。その上で、気になる汚染されやすい食品があるのなら、食べないように気をつけるのも良いですが、今まで何も考えずに口にしていたものも多いことでしょう。

 

産地で判断を

東日本大震災以来、東北地方の農産物や食品は危険と言われてきましたが、半分は風評被害でした。この当たりは自己判断によるもので、マスコミなどの情報に踊らされないようにしてください。

 

一般的に、牛乳や卵は、放射線が凝縮されると言われていますが、これは放射線に汚染されている草や餌を食べる牛や鶏に原因があるということも考えられます。日本国内で言うと、原発の無い土地、東日本大震災の被害が少ない土地のものは、少なくとも放射線に汚染されやすい食品だとしても、安心ではないでしょうか?

 

とりあえず、安心?

放射線は、現在どの当たりにどのくらい漂っているかによって、汚染の度合いも変わってきます。公式発表がない時点では、判断が難しいですがも少なくとも安全基準に則って、食品は流通しています。
あまり神経質にならないことです。

 

スポンサードリンク

放射線に汚染されやすい食品、汚染されにくい食品関連ページ

乳製品(放射線と農薬をふんだんに含む)
現在、日本で生産されている牛乳のほとんどが、飼料によって育てられています。 暮らしている土地の放射能が含む量も気になりますが、その飼料の農薬の含む量を気にしたことはあるでしょうか?
きのこ類
放射能が気になる食品として、きのこ類があります。 市販されているきのこ類については、たいてい放射能検査をしているものが多く、ご心配な方は、表示されている数値を気にしてみてください。
飲み水
放射能は目に見えないものですから、入っていたとしても、濁ったり様子が変わるものではありません。 ですから、数値を信じるしかないのです。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険