汚染を除く下ごしらえ

スポンサードリンク

酢の利用

スポンサードリンク

放射線を体内に取り込まないよう、食品の下処理をすることで、少しでも多く放射線を除去した状態で調理をすると良いでしょう。水溶性のセシウムやストロンチウムは、酢に溶け出しやすいと言われています。ですから、水で洗うのではなく、酢やクエン酸で野菜を洗うと良いでしょう。

 

ただし、重曹で洗うとビタミンBも同時に溶け出ると言われています。反対に水に溶けにくいヨウ素の場合、レモン汁で洗うことで、放射線がとけだすと言われています

 

ゆでると冷凍がポイント

放射線を除去する下ごしらえは、ゆでると良いでしょう。それもたくさんの水で、塩茹でが効果的です。塩や酢漬けも効果的で、切る断面は大きいほうが良いのですが、風味も逃してしまうのは仕方のないことです。

 

固形物は、冷凍をしてから使用。冷凍をすることで、セシウム除去に有効です。下処理をしているキッチンの環境は、放射線が蒸気に含まれることも考えられますから、換気を良くして行ってください。

 

野菜の下処理

葉物野菜の下処理では、外皮は必ず捨てること。同じ放射線でも、ヨウ素とセシウムでは、セシウムの方が除去しやすいと言われています。

 

よく洗ってゆでることで、これらの放射線は50〜80%は除去できるとされていますし、キャベツの有効な下処理は、酢漬けです。ストロンチウムの半分が除去されると言われています。

 

酢や食塩水での洗浄の下処理は、普通真水よりもより多くの放射線が除去されますから、ぜひ実行してみてください。野菜などは、皮を向く、洗う、ゆでるが良い下処理でしょう。

 

 

 

 

「放射能除去水素水サーバーATPウォーター」はこちら

 

水道直結型水素水サーバー


放射線徹底除去!

 

スポンサードリンク

汚染を除く下ごしらえ記事一覧

「米、麦」の下処理

放射線に汚染されている米や麦の下処理ですが、まずは玄米を使わないことを指摘されています。精米されることで、かなり除去されると言われています。また、いずれも、水で研ぐことにより、益々安全性は高くなると言われています。これは、放射線の中でも、ストロンチウムやセシウムが、穀物のもみや玄米の胚芽に多くつくこ...

≫続きを読む

 

「魚介類」の下処理

放射線の海の漂う魚介類を口にする時には次の下処理を行ってください。主に使用するものは、塩と酢です。まずは、よく洗ってください。いつもよりも入念に流水で丹念に洗うことです。そして細かく切ったあと、塩水か酢水を用意します。そして、つけておくのですが、その時間は、約半日が理想です。魚介類を食べるまでに、約...

≫続きを読む

 

「肉類」の下処理

肉類を食べるときにも、放射線に気をつけましょう。最初の生肉の下処理は、とにかく洗うことです。そして、塩水に付ける時には、細かく切ることが大切ですが、そのまま塩水につけてしまいますと、たんぱく質が逃げ出します。そんな時には、お酢を少し加えると良いでしょう。その後、10分程度塩水で下茹でして、その水は必...

≫続きを読む

 

「葉物野菜」の下処理

葉物野菜の放射線の除去。外側の葉はもちろん取り除きますが、残った葉の表を特に洗い流してください。セシウムは案外除去ができますが、ヨウ素が残留していることが多いようです。ヨウ素が気になる方は、ヨウ化カリウム水溶液に10分間つけておくことをオススメします。食品用の漂白剤も効果があります。葉をよく点検して...

≫続きを読む

 

「根菜類」の下処理

放射線の危険が高い根菜の下処理は、皮を大きくむくことからはじめましょう。傷んだ部分は大きくえぐってください。この時、ちょっとしたくぼみも一応取り除くことで、より安心です。根菜の場合、よく洗い、ゆでてください。そして、そのまま食べずに、冷凍に入れてから、その後調理をすることをオススメします。というのも...

≫続きを読む

 

「牛乳、乳製品」の下処理

乳製品の放射線の下処理。安全なのは、バターやチーズだと言われています。牛乳そのものに放射線が多く含んでいる場合、熱すれば良いと言われています。しかしその間に、部屋中に放射線が充満することになります。だいいち牛乳の下処理と言っても、そのくらいしかありませんから、最初から脂肪分が高い物を食べることをオス...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険