「肉類」の下処理

スポンサードリンク

洗うこと、そして塩と酢の利用を

スポンサードリンク

肉類を食べるときにも、放射線に気をつけましょう。最初の生肉の下処理は、とにかく洗うことです。そして、塩水に付ける時には、細かく切ることが大切ですが、そのまま塩水につけてしまいますと、たんぱく質が逃げ出します。

 

そんな時には、お酢を少し加えると良いでしょう。

 

その後、10分程度塩水で下茹でして、その水は必ず捨ててください。茹で汁にしっかりと放射線が流出しています。調理前に、酸味が特に強いマリネ液(たくさんの酢・オイル・レモン汁・砂糖・塩・胡椒・ハーブ各種)に付けることをオススメします。

茹でることが基本

牛肉は必ずゆでて調理をすることで、セシウムの70%が除去されます。肉を茹でること、脂肪分は必ず取り除くことを行ってください。

 

この茹でることがポイントになるのが、放射線の下処理ではとても大切になります。要するに、熱湯に入れることで、食の安全性が高まるだけではなく、流れだすことでの安心感があります。

 

ゆで肉の場合、その後に焼いたとしても味そのものにはあまり遜色はないので、調理法もいろいろと考えられるでしょう。

塩漬け肉がオススメ

塩漬け肉に関しては、酢漬け同様に除去されやすいと言われています。流水で、塩をキレイに落としてから茹でることで、安全な肉になります。

 

同様に一度冷凍にして、溶けた肉汁を捨てることも効果的です。そして、茹でることで、肉の美味しさも少しは保つ事ができるでしょう。

 

実際に放射線の肉を食べることは大変ですが、安全のためには下処理は欠かせないことです。

スポンサードリンク

「肉類」の下処理関連ページ

「米、麦」の下処理
放射能の危険が高い玄米については、必ず精米後に口にすることで、かなり安全性の高いお米を食することができるようになります。
「魚介類」の下処理
魚介類で放射能が集まりやすいのは、内蔵、エラ、ウロコや骨です。 この部分に関しては、必ず廃棄するようにしてください。 普通に下ろすことで、身だけを食べることです。
「葉物野菜」の下処理
基本的に洗うことで、大部分の放射能は消えます。 たくさん買っておいて、下処理をして冷凍。 少し時間をおいて食べるようにするとなお安心です。
「根菜類」の下処理
根菜の場合、よく洗い、ゆでてください。 そして、そのまま食べずに、冷凍に入れてから、その後調理をすることをオススメします。
「牛乳、乳製品」の下処理
牛乳そのものに放射能が多く含んでいる場合、熱すれば良いと言われています。 しかしその間に、部屋中に放射能が充満することになります。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険