「根菜類」の下処理

スポンサードリンク

皮を大きくむいて冷凍がおすすめ

スポンサードリンク

放射線の危険が高い根菜の下処理は、皮を大きくむくことからはじめましょう。傷んだ部分は大きくえぐってください。この時、ちょっとしたくぼみも一応取り除くことで、より安心です。

 

根菜の場合、よく洗い、ゆでてください。そして、そのまま食べずに、冷凍に入れてから、その後調理をすることをオススメします。

 

というのも、比較的冷凍ができる根菜は、洗う、茹でることで、放射線を除去できます。冷凍をすることで、とかした時に水分が出ますが、それでより放射線を出しやすくすると考えられます。

塩の威力

茹でることが基本の放射線除去ですが、塩やお酢を使うようにしましょう。塩と野菜は、旨みの点でも良いですが、昔から解毒の作用があると使われています。

 

ですから、放射線に限ったことではなく、残留農薬等も同じことが言えます。東日本大震災後のこうした食品の下処理はいろいろ言われていますが、すでに農薬や輸入野菜の農薬濃度などで、野菜の下処理はそれなりにやっていると思います。放射線の場合、その時間を少し長くするという感覚でも良いかもしれません。

 

放射能 根菜類の下処理のポイント

 

根菜類は、葉の部分に放射性物質が付着してるので、できれば捨てたほうがよいでしょう。根の部分は土表面の放射性物質が付着している場合もあります!

あまり深く考えこまないこと

いちいち根菜を食べるのに下処理?ということですが、一度ゆでたり、大きく切るなんていうことは、本来の根菜の下処理で必要なことです。

 

放射線に関しては、あまり神経質にならないようにしてみてください。どうしてもダメなら、最近は野菜の宅配などもありますから、放射線がないものを利用して、いつものように下処理をするのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

「根菜類」の下処理関連ページ

「米、麦」の下処理
放射能の危険が高い玄米については、必ず精米後に口にすることで、かなり安全性の高いお米を食することができるようになります。
「魚介類」の下処理
魚介類で放射能が集まりやすいのは、内蔵、エラ、ウロコや骨です。 この部分に関しては、必ず廃棄するようにしてください。 普通に下ろすことで、身だけを食べることです。
「肉類」の下処理
調理前に、酸味が特に強いマリネ液(たくさんの酢・オイル・レモン汁・砂糖・塩・胡椒・ハーブ各種)に付けることをオススメします。
「葉物野菜」の下処理
基本的に洗うことで、大部分の放射能は消えます。 たくさん買っておいて、下処理をして冷凍。 少し時間をおいて食べるようにするとなお安心です。
「牛乳、乳製品」の下処理
牛乳そのものに放射能が多く含んでいる場合、熱すれば良いと言われています。 しかしその間に、部屋中に放射能が充満することになります。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険