「牛乳、乳製品」の下処理

スポンサードリンク

バターやチーズがオススメ

スポンサードリンク

乳製品の放射線の下処理。安全なのは、バターやチーズだと言われています。牛乳そのものに放射線が多く含んでいる場合、熱すれば良いと言われています。

 

しかしその間に、部屋中に放射線が充満することになります。だいいち牛乳の下処理と言っても、そのくらいしかありませんから、最初から脂肪分が高い物を食べることをオススメします。

 

東日本大震災後の際にも、牛乳への放射線の高さは指摘されていますが、加工品としてはかなり濃度も低くなっているのが現状でしょう。牧場の除染そのものは大変困難だと言われていますから、産地を選ぶことで、牛乳を飲むことも考えてみてください。

ヨーグルトはNG?

乳製品の中でも、乳清と言われる部分は、放射線が多いと言われています。
ヨーグルト等の上澄みです。

 

放射線の中のストロンチウムがカルシウムは結びつきやすい性質を持っていることから、そして水分に貯まることから、ヨーグルトの食べ方には注意が必要です。

 

同様にスキムミルクも同じことが言えると言われています。

 

ところで、乳清は

この乳清に関しては、実は食品用としていろいろな加工品があります。サプリメント、生クリーム、リコッタ等がありますから、もしご心配なら、口にしないことを考えてみてください。

 

牛乳に関しては、放射線が心配という場合、子どもの成長云々ではなく、与えないという手もありかもしれません。もちろん心配はないという方に限っては、その限りではありませんが、一般には、かなり危険という話もあります。

スポンサードリンク

「牛乳、乳製品」の下処理関連ページ

「米、麦」の下処理
放射能の危険が高い玄米については、必ず精米後に口にすることで、かなり安全性の高いお米を食することができるようになります。
「魚介類」の下処理
魚介類で放射能が集まりやすいのは、内蔵、エラ、ウロコや骨です。 この部分に関しては、必ず廃棄するようにしてください。 普通に下ろすことで、身だけを食べることです。
「肉類」の下処理
調理前に、酸味が特に強いマリネ液(たくさんの酢・オイル・レモン汁・砂糖・塩・胡椒・ハーブ各種)に付けることをオススメします。
「葉物野菜」の下処理
基本的に洗うことで、大部分の放射能は消えます。 たくさん買っておいて、下処理をして冷凍。 少し時間をおいて食べるようにするとなお安心です。
「根菜類」の下処理
根菜の場合、よく洗い、ゆでてください。 そして、そのまま食べずに、冷凍に入れてから、その後調理をすることをオススメします。

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険