内部被爆を防ぐ食事

スポンサードリンク

汚染を体に入れない、吸収しない

スポンサードリンク

食べ物による内部被爆を防ぐために最も効果的な放射線対策は、放射性物質を体内に取り込まないこと。自分の食べるものがどこでどのようにして育てられ、どうやって調理されたかを出来るだけ把握し、汚染の可能性の低いものを選びましょう。

汚染のないヨウ素・カリウム・カルシウムは、放射性のヨウ素、セシウム、ストロンチウムを体内に取り込みにくくします。ただし、ヨウ素、カリウム、カルシウムの多い食品は、放射能汚染の影響を受けやすい食品でもあります。汚染のないもの、産地に気をつけてください。

 

放射能測定されているから安心?

私たちは放射性物質によって汚染された生き物を食べることで、内部被爆してしまします。
だからといって、他の生き物を食べていかなければ生きていくことが出来ません。
そのため食べ物をどう手に入れ、、どうやって口に入れ、どうやってそれを力にしてゆくか、真剣に考える必要があります。

 

放射能対策としてまず考えられることは、食べ物による内部被爆を避けること。
放射性物質が体内に入る経路のうち、食べ物に由来する割合は、ずば抜けて大きいのです。

 

自分自身のため、まわりの人のためにも、放射能対策の習慣を身に付けてゆきたいものです。特に汚染のある地域に住んでいて、外部被爆を避けられない人は、せめて食べ物だけでも慎重になってほしいと思います。
それにはまず、汚染されていない食品を選ぶこと。

 

放射能の測定結果は、食べ物を選ぶ目安になります。しかし、市場に出回っているすべての食べ物が測定されているわけではありません。
また危険度が高いにもかかわらず、放射性ストロンチウムやプルトリウムの汚染を測定している機関はほとんどありません。

 

汚染を体に取り込みにくくする食品

福島第一原子力発電所での事故により、とてつもない量の放射性物質が放出されました。
その総量は、かつて広島に落とされた原子爆弾の29.6個分。放射性セシウムについては168倍の量とも言われています。

 

放射能に悩まなければいけないというのは悲しい状況です。
しかし私たちは、どうにかこの先も生き抜いて、これから大人になる子供たち、これから生まれてくる人たちに、少しでも安心できる未来にしたいものです。

 

ここでは、汚染を体に取り込みにくくする食品について見てゆきたいと思います。

スポンサードリンク

内部被爆を防ぐ食事記事一覧

「ヨウ素」をできるだけ多く摂取する

ヨウ素は昆布などの海藻類に多く含まれています。そして、放射線にもヨウ素は含まれているものです。ヨウ素と放射線は同じという考え方はしないでほしいのですが、放射線と昆布のヨウ素は元を正せば同じなのですが、もちろん昆布は放射線と関係ありません。ヨウ素は原子です。原子は電子数によって、分類されていて、ヨウ素...

≫続きを読む

 

「カリウム」を含む食品をとろう

カリウムは、人間の体内に入ると、ナトリウムは拮抗します。拮抗とは相反する関係と思ってください。ということは、カリウムはナトリウムに対して、余計な分を体外に排出させようという働きがあると思ってよいでしょう。細胞の内外で、ナトリウムを監視していると言えます具体的な効果としては、体内の水分を調節します。こ...

≫続きを読む

 

「カルシウム」でストロンチウム対策

少量でもリスクが大きい放射性ストロンチウム。取り込まないことが一番の有効策だということを、まず肝に銘じておいてください。体内に取り込んだ放射性ストロンチウム、特に骨に沈着した放射性ストロンチウムを除くことは難しいのです。そして怖いのは、胎児や生まれたての赤ちゃんは、放射性ストロンチウムを取り込みやす...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


 
食事で防ぐ 排出する食品 物質で排出 汚染しやすい食品 がん保険